2018年01月19日

自宅の装置でCDを再生

自宅の装置でCDを再生してみました。
CDプレーヤーはSONY CDP-XE700、プリメインアンプはSONY TA-A1ES、スピーカーがINFINITY IRS-OMEGAです。
SONY CDP-XE700は1996年発売の定価円35000円の安物、オークションで数千円で落札、光学系固定方式メカニズムを採用したCDプレイヤーということで興味あって入手した。それまでは20万円級を使用していたが、CDP-XE700でも音は悪くなったようには思えないのでこれがメインになった。
SONY TA-A1ESは現在SONYのカタログにある唯一のプリメインアンプ、希望小売価格21万円だが、2016年製の中古を10万円ぐらいの格安で入手、超シンプルデザインのアナログアンプという点が気に入って入手した。
INFINITY IRS-OMEGAは1999年頃の定価はペアで98万円、もちろんかなり値引き要求し購入、じっくりと試聴を繰り返し決定した。
こう書くと値段的にバランスが悪くスピーカーの能力が100%発揮できないのではないかと分かったようなこというやつが必ずいるのである。
入口が安物では後をどんなによくしてもよくならない。少なくともスピーカーと同じぐらいのコストをアンプにも掛けないと十分にスピーカーの能力を発揮できないとかである。間違ってはいないがそれが合理的であるとは思っていない。推奨アンプ出力50W〜500Wのスピーカー、フルに能力発揮するには500Wのアンプが必要で〇百万円の出費が必要という馬鹿げたことになる。SONY TA-A1ESは定格出力80Wだがこれで十分である。
オーディオはスピーカー選びが全てであとは何でもいいとさえ思っている。スピーカーが好みでなければ、他どんなに金掛けても決して好みの音にはならない。スピーカー以外どんなに安物でもスピーカーの能力の70%や80%は出てくるし、好みの音のスピーカーが好みでない音に変わるほどの変化は出ない。だからそうしたほうが合理的と考えている。
周明瑶のアルバム、このCDの音質はあまり芳しくないが、好みのサウンドで連日聞いているアルバムなので再生してみました。ソフトは音質も大事だが中身が気にいらないとどうにもならないです。

自宅の装置でCDを再生1、曲は「恭喜發財發大財」


自宅の装置でCDを再生2、曲は「吉祥如意迎新年」


自宅の装置でCDを再生3 、曲は「萬年紅」


YOYO 周明瑶『如意吉祥迎新年』
20171226-11a.jpg

20171226-11b.jpg

大馬歌壇小国宝 Yoyo Cheow 周明瑶
http://yoyocheow.sblo.jp/

「春花斉放」Yoyo Cheow 周明瑶日本迷
https://twitter.com/Yoyocheow_Japan


posted by DOSANKO at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182183173

この記事へのトラックバック