2018年09月07日

平成30年北海道胆振東部地震

9月6日3時7分に起きた地震は「平成30年北海道胆振東部地震」と定められた。
私のほうは物損の被害はなかったが、停電、断水に見舞われた。いずれも昨日のうちに復旧したが、今日の夕方になっても信号機が点灯していないなどもあるし、自分の近くでも復旧していなところは結構ありそうだ。
通常高さ3階以上のマンションの場合ポンプを動力にし給水しているため停電すると断水は避けられない。私の場合、水は近くの公園の水道からバケツで運んできてので何とかなった。もし冬だったら凍結防止で水は止められていたはずだ。死者は10数名いるようだが、この時期だからまだよかったものの、もし冬だったらぞっとする。灯油のストーブも電気がないと動かないので、停電による凍死者が多く出かねない。
地震大国日本、いずれこのような停電が起きるのは時間の問題とは思っていたが遂にという感じだ。
泊原発が停止した後は綱渡り状態、供給余力という面で安定供給の基準は到底満たしていなかったはずである。関係者からみたら、危機管理という面で起こるべくして起きたことで十分に想定の範囲内だったであろう。
9月6日3時7分に地震が起きた時、誰もが驚いて飛び起き、電灯を付け、テレビのスイッチを入るという行動を起こしたに違いない。この時に需要が急増、過負荷でダウンしたのである。
電力需要に合わせて発電力を調整しないといけない、不足でも過剰でも安定運転困難になり停電になる。北海道の電力は本来は泊原発が24時間定出力でベース運転、火力発電が需要の変化に応じ変動部分を調整、水力発電が昼間のピーク時間帯のみ補助的に発電するようになっていた。ところが泊原発停止後は火力発電が変動部分だけでなくベース運転もしていたのだから、平時は問題なくとも今回のような異常時には対応できないことぐらい関係者なら誰もが分かっていたはずのことである。
電力の安定供給という面からみたら泊原発を止めるなどというのは正気の沙汰ではない。もし冬の北海道で停電が長引けば多数の死者が出る恐れがある。一刻も早く改善してもらいたいものだ。
泊原発止めたのは民主党政権、ろくなことやらない政権、公約したこと何も実現せず、公約しなかった消費税上げやがった。そんなところ、いまは立憲民主党になるだろうか、2度と政権は渡してはいけない。
原発なくすのは反対しないが、それがなくとも今回のように想定できる範囲の事態であれば安定供給できることが絶対条件である。原発によるリスクはあるが、現状はないことによるリスクのほうが大きいように思う。節電も必要だが、抜本改善するのは発電設備の大幅増強が必要、火力発電の建設でも計画から稼働まで約10年という期間が必要、その計画もないとしたら、この先もずっと今回のような事態の再発は覚悟しておかないといけない。




posted by DOSANKO at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184363689

この記事へのトラックバック