2021年09月29日

自民党新総裁に岸田氏選出

事実上、次の総理大臣を決める自民党総裁選が行われ、決選投票の結果、岸田文雄前政調会長が新総裁に選出された。
高市一択の自分としては残念な結果ではあったが、河野でなくて心底よかったと思わざるをえない。
河野当選だけは絶対阻止してくれと祈るような思いだった。

河野は反原発、核燃料サイクル反対、女系天皇容認である。
これは日本の総理大臣にはふさわしくない。
しかも総裁選挙に勝ちたくて、原発再稼働、女系天皇とも一時的に容認とし封印と信念を曲げている。
反原発で太陽光発電を政策に掲げているのも、河野の同族企業日本端子(太陽光パネルの部品製造会社)に利益誘導するためだろう。
とても信用できる人間とは思えない。
posted by DOSANKO at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189029457
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック