2010年01月01日

謹賀新年

謹賀新年
ことしはいよいよ北海道に戻ることができそうです。
そうなれば仕事のほうも相場に専念することになります。
この先引越しの準備などで忙しくなりそうですが、戦略面の詳細を練っているところです。

株式ではトレンドフォロー(順張り)でいきます。
過去は長年にわたりカウンタートレンド(逆張り)の分割売買と裁定取引(サヤ取り)を行なってきたが、昨年からトレンドフォローに転向しています。
もう少し具体的にいえばドンチャン・チャンネル・ブレイクアウトによる中長期売買です。
逆張りは安く買って高く売るですが、順張りは強気で買って弱気で売るとでもいいましょうか。

株価指数先物もトレンドフォロー(順張り)です。
短時間足によるスイングトレード(短期売買)です。
オーソドックスな移動平均交差です。

FXはボリンジャーバンド(標準偏差バンド)ブレイクに逆張りです。
短期勝負に徹します。

子供盆踊りもいままでに紹介できなかったところも紹介していきたいと思っています。
posted by DOSANKO at 01:22| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記
この記事へのコメント
どうもFX初心者のばんつまです。

一週間前から勉強始めて、いろんなサイトで勉強させてもらっています。

>FXはボリンジャーバンド(標準偏差バン
>ド)ブレイクに逆張りです。
>短期勝負に徹します。


私も、このやり方で挑戦しようとしているところです。

また訪問させてください!
Posted by ばんつま at 2010年01月03日 14:38
ばんつま様、はいめまして
ご訪問ありがとうございます。
実は私FXは超初心者です。
相場歴そそこそこ長いがFXはまだ一度も売買したことがありません。
昨年口座開設し入金したものの投資手法が確立しなかったためです。
ボリンジャーバンドに逆張りといってもいろんなやり方が考えられます。個人個人かなり違うと思います。
あくまでも私がやろうとしている方法は、確実性が高いと考えられるものに限定しています。頻繁売買ではありません。チャートを見ているとボリンジャーバンドの上下限を大きくはみ出したところで相場が反転していることが多いのです。
そこではみ出したヒゲの先に狙いを定め逆張りで引っ掛けるわけですね。
注意しなければならないのは、トレンドができて急角度で上昇または下降中にバンドの上下限に張り付いた場合です。
こんなときに仕掛けると逆に飛ばされて含み損が出てしまうことが多いと思います。
だから中心線が水平でないときは仕掛けないのが望ましいが、間違った場合はいかに素早くロスカットできるかがトータルでの勝敗を分けると思います。
Posted by RE:DOSANKO at 2010年01月03日 18:57
前コメントの内容は相場(TRADING)のカテゴリーに移動しました。
Posted by RE:DOSANKO at 2010年02月11日 12:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34490669

この記事へのトラックバック

商品先物
Excerpt: 商品先物について記事を書いております。まだまだかけだしですが、今後発展予定です。もし、よろしければトラックバックお願いします。
Weblog: 商品先物
Tracked: 2010-01-15 15:58